長壽寺だより

長寿寺の鬼走りについて(その1)
2017.12.10

長寿寺では、古くから「鬼走り」といわれる法要を行っています。

地元では「オコナイ」とも呼ばれるこの法要は、無病息災・五穀豊穣・

村内安全を願う「修正会(しゅしょうえ)」と厄除息災を祈願する「追儺」、

そして村の成人式を兼ねた珍しい法要です。

法要では、村内の15歳の男子が、赤鬼・青鬼・茶鬼に扮して本堂内を

駆け回ります。鬼の役をする男子を「鬼子(おにこ)」と呼び、この役割を

果たした後、村内で一人前として扱われます。

一般の方にお参りいただくこともできますので、どうぞお参りください。

「鬼走り」の鬼の登場の様子。ちなみに村内には「鬼走り」のことを「オンカーカー」と

呼ぶ方もおられます。なぜ、そう呼ぶのかは法要をご覧になられたらわかります。