長壽寺について

釈迦如来坐像
重 文

釈迦如来坐像

仏師定朝の様式を踏襲した正統的な作。

  • 藤原時代
  • 皆金色
  • 約1.8メートル
  • 桧の寄木造
阿弥陀如来坐像
重 文

阿弥陀如来坐像

二重敷茄子の蓮台に坐し、唐草文様を透かした二重円相光を負う。台座と光背は造立当時のもので大変貴重。

  • 藤原時代
  • 皆金色
  • 約1.4メートル
  • 桧の寄木造
丈六阿弥陀如来坐像
重 文

丈六阿弥陀如来坐像

仏師定朝の系列に属する者の作とされる。

  • 藤原時代
  • 皆金色
  • 約3メートル
  • 桧の寄木造
聖観音菩薩立像
県指定

聖観音菩薩立像

  • 藤原時代
  • 皆金色
  • 寄木造
半丈六地蔵菩薩坐像

半丈六地蔵菩薩坐像

  • 鎌倉時代
  • 皆金色
  • 寄木造
弁天堂
重 文

弁天堂

小さいながら本格的な構造を持つ。地中から発見された弁天堂の瓦に「文明六年」という銘があること、「天文十九年三月手間参百人云々」という修理銘がみられることなどから、文明十六年(1484年)の建立とみるべきだというのが建築史家の結論である。

白山神社拝殿
重 文

白山神社拝殿

長寿寺の鎮守社として白山神社がいつ建立されたかは不明。文献的には鎌倉時代までさかのぼることができる。ただし現在の白山神社拝殿は建築様式から室町時代のものとされる。四面に格子を備えるのは珍しい。なお祭神は白山比咩。

聖武天皇の菩提をとむらうために鎌倉時代に建立された多宝塔。現在は相輪が欠けているが、この種の石造多宝塔の違例は極めて少なく全国に10基程度が残るのみである。

境内案内図